山下達郎のサンデーソングブック 2021年7月11日

山下達郎のサンデーソングブック

2021年7月11日 『ありがとう!で棚からひとつかみ』

こんにちは!しのぶです。

記念すべき放送1500回記念でした。
私は、サイレントリスナーとして引き続き応援し続けたいと思います!

プレイリスト

HAPPY HAPPY GREETING / 山下達郎 “レアリティーズ” ’02

WHAM BAM THANK YOU MAM / THE SMALL FACES ’69

THANK YOU AND GOOD NIGHT / THE ANGELS ’63

THANK YOU FOR YOUR LOVE / THE DRAMATICS “WHAT YOU SEE IS WHAT YOU GET” ’71

THANK YOU / BOYZ II MEN ’74

THANK YOU / KALEIDOSCOPE ’75

FRAGILE / 山下達郎 “コージー” ’98

【引用】https://www.tatsuro.co.jp/sunday/

内容

以下、2021年7月11日(日)山下達郎サンデーソングブックの放送内容です。
お便り等、所在地・個人名の公開は控えさせていただいております。
至らない箇所や誤字脱字・不備等、あるかと思われます。ご了承くださいませ。

アイキャッチ画像に関しまして、本編とは全く関係のない画像を使用しております。
Image:Photo by Joshua Olsen on Unsplash

冒頭

皆さんこんにちはご機嫌いかがでしょうか、山下達郎です。毎週日曜日午後2時からの55分間は、私山下達郎がお送りいたします楽天カードサンデーソングブックの時間であります。東京FMをキーステーションといたしまして、JFN全国38局ネットでお届けしております。

このサンデーソングブック、サタデーソングブックとして1992年10月に放送をスタートいたしまして、本日7月11日で、めでたく1500回迎えることとなりました。このJFNネットの中でも長寿番組で、そしてご愛顧いただいております。無事に1500回ついに到達いたしました。これもひとえにリスナーのみなさまのおかげと、厚く厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。
このサンデーソングブック、今年の10月で29周年、来年の10月に30周年を迎えることになります。その間、1500回到達いたしましたけれども、休んだのは2回。年末特番で1回休んだのと、あとは東日本大震災の時に1回休みました。あとは私が風邪をひいて1回休んだことがありました。計3回お休みしました。いいんです。めでたく1500回でございます。

で、何かお祝いをしようと。1000回とか1200回とか、その度に何かプレゼントとか、今ではすっかりお馴染みになりましたけれども、いわゆる3人ライブとかアコースティックライブとか、そのようなものを色々とやって参りましたけれども。今回もちょっと考えておりました。本当は今日できるといいんですけれども、ご時世もご時世となったことと、あとちょっとレコーディングをやっておりますので、曲を作っているので、割とそれに集中したいと、そういうようなこともありまして。ですので、日を改めて何か考えたいと思っております。しばらくお待ちください。29周年のあたりでいってみようかなと。来年は30周年なので、またそこのところでドンと行こうかなと。そういうような、色々と今思案中でございます。少々お待ちいただきたいと思います。

で、1500回の当日なので、今日は何をやろうかと思ったんですけれども、ここのところずっとライブとかをやりまくっておりますので、じゃあ今日は通過点でございますので、祝1500回でございますので『ありがとう!で棚からひとつかみ』みなさまへの御礼の意味をこめて『ありがとう!で棚からひとつかみ』どうなるのか、何が出ますか、お楽しみに。
日曜日の午後のひととき、本日も素敵なオールディーズソングでお楽しみをいただきます、山下達郎のサンデーソングブック1500回記念。あまり濃さはないです。薄いんですけれども『ありがとう!で棚からひとつかみ』で今日はお届けしたいと思います。

本日の1曲目

先週は前倒しで撮っておりまして、その間に土岐英史さんが亡くなってしまいました。「土岐のオヤジの特集をやってくれ」という、そういうお便りをたくさんいただいておりますが、それもちょっと日を改めまして。今日は1500回で、盛り上がりはないんですけれどもあまり。なので日を改めていってみたいと思っております。悪しからず、ご了承くださいませ。

というわけで、お祝いの時には私が作ったこの曲。もともとKinKi Kidsに書いた曲ですけれども、自分でもセルフカバーをいたしております「HAPPY HAPPY GREETING」

超常連の方々からたくさんリクエストをいただいておりますが

『私は1234回から聴き始めた新参者ですが、毎週楽しみにしております。日々の活力や癒しです。』
ありがたい

超常連のみなさんありがとうございます「HAPPY HAPPY GREETING」

HAPPY HAPPY GREETING / 山下達郎 “レアリティーズ” ’02

本日の2曲目

WHAM BAM THANK YOU MAM / THE SMALL FACES ’69

山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック、めでたく1500回到達でございます。祝1500回、今日は『ありがとう!で棚からひとつかみ』というわけで、ありがとうの歌をたくさん集めました。とはいうものの、いわゆる超有名な曲はあまりかかりません。いつものサンデーソングブックと同じで、割とへそ曲がりな選曲でお届けするつもりでおります。こういう時の方がサンソンらしいプログラムという感じで『ありがとう!で棚からひとつかみ』

まずはTHE SMALL FACES。THE SMALL FACES 1969年の作品「WHAM BAM THANK YOU MAM」でございました。スラングでありまして、あまり上品な意味ではありませんが。ズバリやり逃げってやつです。「WHAM BAM THANK YOU MAM」THE SMALL FACESこれで始めてみました。

1500回なので本当にたくさんの方からお祝いのメッセージをいただきました。全てご紹介はできませんけれども、本当にありがとうございます。

特に超常連の方々、古くからのリスナーの方々、本当にみなさん素敵なお便りをたくさんいただきまして、ありがとうございます。で、最近聴き始められたお若い方々、それから昔からの方も、沢山沢山お便りを拝見しておりますと「あ、この方も超常連だ、この方も超常連だ」「こんなにたくさんいるんだ」と、そういう。感慨無量でございます。ありがとうございます。ぼちぼちと、全てご紹介できないのは残念ですけど、ぼちぼちと。でも全てご紹介できない代わりに、選曲で感謝の気持ちを。

本日の3曲目

次はガールグループ THE ANGELS。「My boyfriend’s back」がありますが。この曲はシングルのB面なんですけれども、チャートに84位という成績を残しております。1963年「THANK YOU AND GOOD NIGHT」 THE ANGELS

THANK YOU AND GOOD NIGHT / THE ANGELS ’63

 THE ANGELS 1963年の「THANK YOU AND GOOD NIGHT」いわゆるガールグループでございますけれども、上手い人たちなので、今聴いても十分に鑑賞に堪えます。

〜お便り〜

『第1回放送から、1週も欠かさず、心の支え・心の癒しとして楽しく聴いてまいりました。来年の30周年、そして40周年を目指してこれからもいい音楽、そして達郎さんの楽しくうんちくのあるおしゃべりを私たちにリスナーに聴かせ続けてください。』
ありがたいお便りであります。

『1回目サタデーソングブックから聴いております。時が経つのは早いもので、29年放送ありがとうございます。楽しくまた勉強させていただきました。これからも大変でしょうけど、よろしくお願いします。』
ファン歴42年、ありがとうございます。

『1500回記念、本当におめでとうございます。第1回目、私は37歳でした。今びっくり年齢ですが(笑)これからも達郎さんをずっと応援し続けていきます。』
ありがたいな。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

本日の4曲目

『ありがとう!で棚からひとつかみ』お次は THE DRAMATICS。 THE DRAMATICSがブレイクした1971年の作品でございます。アルバム「WHAT YOU SEE IS WHAT YOU GET」名盤でございます。これのA面の2曲目に入っておりまして、いいなぁーという、大好きな1曲 THE DRAMATICS「THANK YOU FOR YOUR LOVE 」

THANK YOU FOR YOUR LOVE / THE DRAMATICS “WHAT YOU SEE IS WHAT YOU GET” ’71

THE DRAMATICS 1971年のアルバム「WHAT YOU SEE IS WHAT YOU GET」から「THANK YOU FOR YOUR LOVE 」リードヴォーカルの人がウィリアム・ハワードといいますけれども、この後に脱退してしまう。ファーストアルバムの曲が聴けないのもなんとももったいない感じですが。

〜お便り〜

『思えば「オールナイトニッポン第2部」「サウンドストリートプレミア3」「サタデーソングブック」「サンソン」と山下さんと長いお付き合いになりました。約40年前、FM福岡の林田篤子アナの深夜放送に』
林田さんね、懐かしい
『ゲストゲストででられる情報を聞きつけて、スタジオへ行き、収録後ドアからでてきた山下さんとばったり遭遇。懐かしい思い出です。これからも聴きます。』
長いお付き合いです。よろしくひとつ。お互いに元気でがんばりましょう。

この方は昔からいただきますが、◯◯さん
『サンソンで1番嬉しかったこと。達郎さんから「暇ですね、あなた本当に」と最高のお褒めの言葉をもらったこと。』
洒落がありますね
『サンソンで1番落ち込んだこと。私たちの結婚20周年(当時ラジカセ録音)最後に達郎さんに読んでいただき「やったー!」と歓声をあげた途端、ガチャンと終了。再生してみたたら、カセットテープの白いところだったこと。』
すごいな
『本日のリクエスト:「ありがとう!で棚つか」は山岸清佳助士アイデアとのこと。25周年記念BRUTUSソングブック内で、包み込むような笑顔を拝見した山岸さん、今回はお声をお聞かせいただけないでしょうか?せめて一声でもご検討のほど、よろしくお願いいたします。』
いいね。トークバックで「イヤです」って言えばいいんです。
「いつもありがとうございます」
すごい。

本日の5曲目

お知らせの前にもう1曲。これも名曲です。BOYZ II MENの1994年の「Ⅱ」セカンドアルバム。シングルカットされまして、全米21位という、でもチャート関係ない。これ素晴らしい出来の、アカペラ仕立ての素晴らしい曲。BOYZ II MEN1994年の「THANK YOU」

THANK YOU / BOYZ II MEN ’94

BOYZ II MEN 1994年の「THANK YOU」でございました。

◯◯さん、狙ってきました、BOYZ II MENリクエストありがとうございます。

山下達郎サンデーソングブック、1500回記念『ありがとう!で棚からひとつかみ』記念というほどでもないかもしれない。お知らせです。

本日のお知らせ

山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック、1500回記念『ありがとう!で棚からひとつかみ』でございます。このありがとう関係の曲は死ぬほどあるので、もう1週やっちゃおうかな。ベタなのをかけないと、やっぱりなんか1500回記念という感じにならないので、Sly & The Family Stoneとかかけないとダメかなとか。Sly & The Family Stoneなぜやめたかと言いますと、あれ長いんですよ曲が。「THANK YOU」って5分近くあるんですよね。1個1個なるべく短くしたいというアレですが。なんかかわいそうかなとか、そういう。
来週も『ありがとう!で棚からひとつかみ Part.2』でお届けします。平年でしたら、そろそろ『納涼リクエスト大会』とかそういう季節なんですけれども、しょうもない夏になりそうなので、なんかちょっと色々と考えますが。そういう巷のワサワサに心疲れるオールディーズのファンの皆様、何卒サンデーソングブックに逃避してきてください。

リクエスト・お便りたくさんお待ち申し上げております。

  • おハガキの方:〒102-8080 東京FM山下達郎サンデーソングブックの係
  • Webサイトでのメッセージフォーム:tfm.co.jp/ssb

郵便ポストに行くのも怖いというやつですね。そういう時代でございますので、メールで全然大丈夫でございます。お待ちしております。

おかげさまで1500回でございます。番組の冒頭でも申し上げましたけれども、1500回は何か記念をということで企画を考えております。ちょっと今レコーディングの初っ端なのでバタバタしておりまして、それで余裕がございません。ちょっとひと段落したら、トークライブとかそういう感じのものもできればという感じであります。秋になります。楽天カードさんのスポンサーのサポートをしていただけるような感じでありますので、頑張って何か企画を立ててみたいと思います。ご期待ください。グッズも考えております。

で、これもずっと申し上げておりますが「アルチザン」の30thアニバーサリーエディション、8月18日発売でございます。ボーナストラックが最終決定しまして、6トラック収録いたしますが。「アルチザン」のライナーにも書いたのですが、割と自分ではよくできたと思っているアルバムなので、そういうやつはボーナストラックがあまりないんですよ。試行錯誤が少ないというかそういうものなので、当時1991年の時にシングルカットしました「さよなら夏の日」のカップリングで「Morning Shine」というのがございます。これが本来でしたら、ここに入れるべきものなので、アルバム「レアリティーズ」に収録しましたけれど、ここにも入れました。あとは「アトムの子」ですね。クラブ用にリミックスしたものがあるんでるけど、あまり出来が良くないのでボツってたんですが、それを引っ張り出してきました。あとは「トレジャーズ」ベストアルバムの時に「さよなら夏の日」のボーカルを入れ直してみたんですけど、それもあんまり良くないので、これもボツっていたのが。そんなのばっかりです。あとは「ターナーの汽関車」シングルバージョン。頭のSEがなかったり、おしまいに「Sing Alone」がちょっと入っていたり、そういうアレです。残りはお時間までカラオケという感じで作っております。めいいっぱい入れました。なお、当然のことながら、ボーナストラックはCDのみの収録でございます。同時発売のアナログレコードはもう時間がありませんので、収録されませんのでご了承くださいませ。

CDかアナログレコード、どちらか初回プレスご購入いただいた方の中から抽選で200名の方に、7インチシングルレコードをプレゼントいたします。A面「さよなら夏の日」、B面「Endless Game」当時のシングルカットの2曲でございます。今回のために新しく作成されたものであります。合わせて、奮ってご応募ください。おかげさまでアナログ盤ご好評いただいておりまして、予約がたくさんいただいております。引き続きよろしくお願いします。8月18日「アルチザン 30thアニバーサリーエディション」リマスターで発売でございます。詳しくは

山達郎オフィシャルサイト:https://www.tatsuro.co.jp/

ご確認ください。

本日の6曲目

『ありがとう!で棚からひとつかみ』スイートソウルもの。割とレアなやつ。KALEIDOSCOPE、フィリーのボーカルグループでありますけれども、シングルが数枚しかありません。でもとてもいい声をしている人ですが。元々はジョイという、やはりフィリー系のグループが72年に出しました。それと同じカラオケでなぜか歌っているという。MFSBのベイカー、ハリス、ヤングのプロダクションでの、いかにもフィリーソウルという1曲。KALEIDOSCOPE 1975年の「THANK YOU」

THANK YOU / KALEIDOSCOPE ’75

KALEIDOSCOPE 1975年の「THANK YOU」でございました。綺麗なエコーでございますが。

今日はこの辺で。なんかあんまりかからなかったなという感じなので、来週も『ありがとう!で棚からひとつかみ』1500回記念。1501回目のサンソン。なので続きはまた来週。

〜お便り〜

『指の痛みが長引き、1ヶ月もハガキを出せませんでした(涙)お忘れになられていないでしょうか?』
大丈夫ですよ
『昨夜晩御飯中に、夫が突然「達郎さんって、曲を作るけど、この曲はこの楽器を使う、とかを全部曲を作った本人が考えるの?」と私に質問してきました。これは「そろそろハガキを出したら?」ということかなと思い、ハガキ書き復活します。曲の中で使用する楽器などは作曲の方?編曲の方?曲作りのことを教えてください。よろしくお願いします。』
曲だけ書かれる方はもちろん、アレンジャーが楽器を考えます。私は編曲も兼ねておりますので、全て、どの楽器を使うとか、そういうものは自分で決定しております。作編曲でございます。作編曲をすることで自分の音世界を構築、より自分の個性が出せるという。そういう感じであります。私は自分で編曲しておりますのでよろしく。
『いつの日か、達郎さんの ”My way” を聴いてみたいです。』
あんまり

◯◯さん、25歳
『7月4日の放送で、Spotifyで落語をたくさんお聴きになられるとおっしゃっていましたが、自分も落語が好きで、勝手に親近感が湧いております。御神酒徳利や囲碁が趣味なので、笠碁がとりわけ好きですが、達郎さんの好きな演目や噺家さんがとても気になります。教えていただけると嬉しいです。』
お若い方ですからね、私はもう年寄りですから、昔の志ん生さんとか圓生さんとか、そういう世界でございますが。最近の方でしたら喬太郎さんとか一之輔さんとか、そういう人ですけれども。好きな演目、私も御神酒徳利大好きですが、やっぱり御神酒徳利は圓生さんのフルバージョンが1番いいと思いますが。あとは五人廻しとか、替り目とか。まあお前まだいたのかというアレですね。そういう。まあいいや、ゆっくり今度。落語で棚つかとか、やめたほうがいいですね。昔、お囃子やったことがありますね。出囃子「一丁入り」とか、そういうものをやったことがありますが。そんなものまでリマスターして持ってきまして。キリがないですね。やめましょう。

『花の名前に詳しくない達郎さんへ。突然ですが質問です。上の写真の花の名前はなんでしょう?そう、正解です「紫蘭」です。私も花の名前に詳しくないので、妻からの質問に「知らん」と正解できました。見栄は張らないほうがいいですね。』
好きだなこういうの
『リクエスト曲は「BLOW」名前さえ知らない繋がりです』
いやー、好きだな

本日の7曲目

というわけで今日はこの辺で。今日たくさんいただきましたのは、私の、歌詞に「サンキュー」がたくさん出る曲。アルバム「コージー」に入っております「FRAGILE」これにたくさんいただきましたが。

『1500回おめでとうございます。私も中学生の頃、初めてサンソンを知って、699回目の放送から撮り溜めるようになりました。まだまだ筋金入りのファンの方と比べると序の口ですが、こうして聞き続けられて幸せです。』
決意表明ばかりです、今日

◯◯さん、この方18歳
『僕は達郎さんのファンになってから7年間が経ち、サンソンも7年間聴いています。本当に達郎さんの音楽に出会えてよかったなと思います。』
ということは、18歳で7年間ですから11から、恐ろしいですね。番組始まった頃そういう方いらっしゃいますけれども。もうお子さんがいらっしゃる方もいますし。

今日の最後は私の1998年のアルバム「コージー」から「FRAGILE」

FRAGILE / 山下達郎 “コージー” ’98

末尾

お送りいたしてまいりました、山下達郎サンデーソングブック。1500回記念で『ありがとう!で棚からひとつかみ』でございましたが、頭数が全く足りないので、来週も引き続き。来週はベタなやつと渋めのやつと重ね技でいってみたいと。

今日はちょっと時間が押してしまっておりまして、あとは私の、自分のお祝いなので、今日は誕生日メッセージの代読、割愛させていただきます、すみません。

申し上げるのが遅れてしまいましたけれども、先週は前倒しでしたので、熱海の土石流の事故は本当に痛ましいことです。被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。引き続き、当日録音ではないのですけれども、九州あたりの雨がまた心配される状況という。今の段階では、そういうニュースが伝わってまいります。みなさま引き続きくれぐれもご注意ください。ただでさえワサワサした時代の上に、こうした水害の心配が。本当に変な時代であります。それをちゃんと両道してくれるお上の人たちがいないので、されに大変なんですけど。まあ、我々生活者同士で、何度でも申し上げますけれども、引き続き助け合って、励まし合って、労り合って、みんなで頑張ってまいりましょう。

山下達郎サンデーソングブック、来週もSameTime、SameChannelでみなさんごきげんよう。さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました