山下達郎のサンデーソングブック 2021年7月4日

山下達郎のサンデーソングブック

2021年7月4日 『山下達郎で棚からひとつかみ』

こんにちは!しのぶです。

1500回に向かう、素晴らしいプレイリストに、リアルタイムでも体を揺らして聴いていました♪
1500回記念、どんなプレゼントが、どんなプレイリストが飛び出すのか、来週が楽しみですね!

プレイリスト

DRIP DROP (おうちアカペラ) / 山下達郎 “ON THE STREET CORNER 1” ’80

CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU (LIVE) / 山下達郎 “16/04/09 沖縄市民会館”

SOUTHBOUND #9 (LIVE) / 山下達郎 “19/11/11 LINE CUBE SHIBUYA”

HOT SHOT (LIVE) / 山下達郎 “14/09/18 名古屋センチュリーホール”

CIRCUS TOWN (LIVE) / 山下達郎 “17/08/31 長野ホクト文化ホール”

MAKE IT EASY ON YOURSELF (おうちアカペラ) / 山下達郎 “ON THE STREET CORNER 2” ’86

【引用】https://www.tatsuro.co.jp/sunday/

内容

以下、2021年7月4日(日)山下達郎サンデーソングブックの放送内容です。
お便り等、所在地・個人名の公開は控えさせていただいております。
至らない箇所や誤字脱字・不備等、あるかと思われます。ご了承くださいませ。

アイキャッチ画像に関しまして、本編とは全く関係のない画像を使用しております。
Image:Photo by Joshua Olsen on Unsplash

冒頭

みなさんこんにちは、ご機嫌いかがでしょうか、山下達郎です。毎週日曜日午後2時からの55分間は私山下達郎がお送りいたします、楽天カードサンデーソングブックの時間であります。東京FMをキーステーションといたしまして、JFN全国38局ネットでお届けしております。

今日は前倒しで撮っております。ちょっと曲書きが佳境に入っておりまして。うんうんやっております。ですのでお天気のことを全く申し上げられません。すみません。でもなんか、梅雨っぽい感じと想像できますが。

7月になりました。私のこのサンデーソングブック、来週7月11日でめでたく1500回を達成することになります。ご支援をいただきましたリスナーのみなさま、誠にありがとうございます。来年は30周年でございます。今年の10月で29年、来年でめでたく30周年を迎えます。ですので、1500回よりも30周年の方がいいかなという感じですが。まあ1500回ですので、プレゼントなんかをまた考えてみようかなと思っております。

『達郎さんはうなぎがお好きだそうですが、小さい頃からお好きなんですか?それとも何かきっかけがあってお好きなのでしょうか?そして1500回を記念して、うなぎの蒲焼きのプレゼント企画とかあるのでしょうか?色々質問してしまいまして、達郎さんの胸に小骨の音でも引っかかって欲しいと願っております。』
なかなかいいお便りで。1400回の時に、うなぎの入浴剤というのをプレゼントいたしまして、賛否両論でございましたが、今回はもうちょっと洒落たものを考えておりますが。番組の中程で、1500回何にしようかと、そういうようなあれですけれども。今はちょっと本当に曲書きでバタバタしておりますので、一段落しましてから企画を考えてみたいと思います。

で、番組の方は、前倒しでございますけれども。先週寺内タケシさんの追悼でございましたけれども、本来でしたら先週やる予定の『山下達郎で棚からひとつかみ』ここのところずっとお聴きをいただいている、まあ去年の今頃もずっとお聴きをいただいておりました、山下達郎のライブソースと、それから家でやってるおうちアカペラ、それからおうちカラオケ、そんなようなものでお楽しみいただきました。今日も山下達郎のライブソースで色々とお楽しみをいただきます。なんか前倒しですと、いまいち調子が出ませんが、でもお聴きのみなさまには何も変わらないというものですが。天気の塩梅申し上げられればいいだけの話。世情のことは、平和であることを願う。というわけで、日曜日の午後のひととき、本日も山下達郎のサンデーソングブック『山下達郎で棚からひとつかみ』ライブソースとおうちアカペラなどでお楽しみをいただきます。本日も全てPAアウトでございます。2010年代の割と新しい音源、揃えております。本日も最高の選曲に努めました、最高の音質頑張っております。お楽しみいただければ幸いでございます。

本日の1曲目

相変わらずリクエストはいただいておりますものの、ひとり1曲みたいな世界でございます。梅雨時でございますので、今日の頭はこれを行ってみたいと思います。

私の1980年のアルバム「ON THE STREET CORNER 1」ひとりアカペラのアルバムでございますが、それの最初のアルバムに入っております「DRIP DROP」ドリフターズからリオンという。

『ここ1年以上、圧倒的な数のお便り・メッセージが届いていると伺い、少しでも達郎さんのご負担を軽くするべくリクエストを我慢しておりました。』
ありがたいお便りでございます。
『リクエストは、できたらおうちアカペラで「DRIP DROP」早く達郎さんのライブを生でみられる時が来ないかなあ』
早くやりたいですね。というわけで今のところはおうちアカペラでご辛抱ください。

1980年私の27歳の時のレコーディングに、去年ですから67歳の私がおうちアカペラ、おなじみ「DRIP DROP」

DRIP DROP (おうちアカペラ) / 山下達郎 “ON THE STREET CORNER 1” ’80

本日の2曲目

CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU (LIVE) / 山下達郎 “16/04/09 沖縄市民会館”

山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック。今日はちょっと前倒しでございますが、世情は色々あっても、私の番組はあくまで今日も明るく楽しくいってみたいと思います『山下達郎で棚からひとつかみ』ライブソースを中心に今日もお聴きをいただきます。

まずは洋楽カバーもので。洋楽カバーものはしょっちゅうやっておりますけれど。2016年のツアーですね。フランキー・ヴァリの「CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU 」をカバーしてやりました。私のメンバーみんな上手いので、レコーディング並のクオリティで演奏ができます。それに乗っかりました。2016年4月9日沖縄市民会館でございます。沖縄なのでものすごくウケました。土地柄でございます。また機会があればという感じでございますけれども、まずはこれから始めてみました。

本当に1500回、来週で達成いたします。色々な方がメッセージくださいましたけれども

〜さん。昔からいただいている超常連中の超常連でございますけれども。738通目のお便り
『番組1500回、来年30周年、サンタデーソングブックの頃から聞かせていただいております。とても感慨深いです。いろんな思い出が去来します。私は1000枚目のリクエスト書きを目標に、番組を聴き続けます。』
ありがとうございます。

本日の3曲目

で、ここのところライブソースお聴きをいただいておりますけれども、ちょっと忙しいので、去年やったやつから流用しておかけしたりしてますが。それでも一つや二つは今まで未発表のやつをいってみようと毎週努力しております。

本日は、一昨年の2019年のツアーで初めてステージでやりました「SOUTHBOUND #9 」アルバム「コージー」に入っておりますが。これのソースを今日は持って参りました。やっぱりPAアウトです。昔からやりたかったんですけれども、なかなか演奏が難しい曲で。ようやくできました。 LINE CUBE SHIBUYA、旧渋谷公会堂での2019年11月11日の「SOUTHBOUND #9 」

SOUTHBOUND #9 (LIVE) / 山下達郎 “19/11/11 LINE CUBE SHIBUYA”

2019年11月11日LINE CUBE SHIBUYA、旧渋谷公会堂での「SOUTHBOUND #9」でございました。

ちょうどリクエストいただきました、〜さん「SOUTHBOUND #9」ありがとう

〜さん
『そんなこと聞いてどうするんだのコーナー』
ないってそんな
『気になって仕方が無いので教えてください。6月6日の放送でかかったライブバージョンの「アトムの子」の演奏の途中で「鉄腕アトム」の主題歌の一部を達郎さんが歌っておりました。このようにご自身の曲に他の曲を組み込んで演奏する場合、JASRACに演奏や編曲の許諾を得ているのでしょうか。』
得ておりますよちゃんと。で、この方は私の
『スタンプ、許諾を得ずに勝手に作りましたすみません。でも個人的にしか使っていませんのでお許しください』
という。ゴム版ですねこれ。

「アトムの子」といえば、〜さん
『サンソンを聴きながら、孫のイツキ君と遊んでいると「アトムの子」が流れてきました。すると突然イツキ君が立ち上がって体を揺らし始めました。それを見て私はいい計画を思いつきました。この子を達郎ファンに仕立て上げて一緒にライブに行こう。いい計画でしょ?ちなみにイツキ君は今2歳です。』
私も、長生きしてがんばります。

本日の4曲目

それではお知らせの前に今日も長いやつ。

〜さん、お待たせをいたしました。しつこくいただきます。
『マニアックツアーの「SILENT SCREAMER」ありがとうございました。僕の記憶が正しければ、次の曲は「HOT SHOT」だったと思います。次回リクエストとしてよろしくお願いします。』

先ほどうなぎのご質問をくださいました〜さんも「HOT SHOT」いただいています。本当はここでお読みする予定だったんです。すいません。グシャグシャになってますので。

2014年、いわゆるマニアックツアーというやつですが。この間お聴きをいただきました名古屋国際会議場センチュリーホール「SILENT SCREAMER」お聴きをいただきましたが、あの後に演奏したやつ。すみません。何がすいませんなのか「HOT SHOT」

HOT SHOT (LIVE) / 山下達郎 “14/09/18 名古屋センチュリーホール”

2014年9月18日名古屋国際会議場センチュリーホールでの「HOT SHOT」でございました。なんつったって20代の曲ですからね、疲れます。

というわけで、山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック『山下達郎で棚からひとつかみ』いつものライブソースとおうち関係でお聴きをいただいております。お知らせのあとは、またちょっとお知らせです。

本日のお知らせ

山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック『山下達郎で棚からひとつかみ』で、またいつものようにライブソースPAアウトとおうちものでお楽しみをいただいております。

さて、サンデーソングブック、来週7月11日でめでたく放送1500回を達成いたします。10月で29周年になります。1992年の10月から、最初はサタデーソングブックでスタートしましたけれども、その後日曜日に移ってきまして、サンデーソングブック放送1500回でございます。リスナーのみなさまのご支援のおかげでございます。心より御礼申し上げます。ありがとうございます。番組で色々とお礼の品などを考えております。来週お知らせをさせていただきたいと思います。

とりあえず来週は1500回ですので、皆さんにありがとうの気持ちをこめて『ありがとうで棚からひとつかみ』なんだそれっていいう。いいんです、シャレです。よろしくお願いします。

先週も申し上げましたが、CS放送の日本映画専門チャンネル、ここで放送しております日曜邦画劇場、フジテレビの軽部真一さんが支配人をやってらっしゃいますけれども。この日曜邦画劇場が1000回を達成しまして。放送1000回を記念いたしまして、山中貞雄監督、戦前の監督ですけれども、昭和12年の作品「人情紙風船」これが4Kデジタル修復を施されて再生いたしまして。この「人情紙風船」を本日7月4日夜9時から日本映画専門チャンネルの日曜邦画劇場にて放送されることになりました。
もう何度も申し上げておりますけど、この「人情紙風船」というのは私にとっての人生のベストムービーでありまして、先日日曜邦画劇場のゲストとして軽部さんと対談をして参りまして。テレビですので、私動画に出ないので、スチール音声と写真、静止画での対談でございますが。でも内容はとても、自分でいうのもなんですけれど、濃い「人情紙風船」についての熱い思いを語っております。映画の本編終了後に音声対談として放送されます。ご興味ある方はぜひご覧ください。素晴らしい映画であります。日本の戦前戦後史の映画史の中で必ず、名作として登場する映画でございます。山中貞雄監督、28歳で中国戦線で戦病死してしまいました。その山中監督の遺作であります。「人情紙風船」本日7月4日夜9時から日本映画専門チャンネルにて。再放送もございます。

山下達郎オフィシャルサイト:https://www.tatsuro.co.jp/

ここからご確認ください。よろしくお願いします。ついに「人情紙風船」の素晴らしい画像が見られるという、そういう感じでございます。

〜お便り〜

ここ数年目に見えて新しいリスナーの方が増えてきました。お若い方もそうなんですけど、40代50代の方もかなり増えてきまして。私、1500回、29年近くやっておりますけれども、昔質問にお答えしたものが、再び繰り返した質問という形でいただいている方もたくさんいらっしゃいます。また、昔やった特集をやってくれという、そういうものもございますけれども

『達郎さんはレコード・CDはどれぐらいの枚数保有されているのでしょうか。』
散々っぱら申し上げておりますけれども、大体6万枚でございますね。シングル2万、アルバム2万、CDはもうちょっと増えてきましたね、2万もうちょっと増えてきましたが。
『実際に棚からひとつかみするためにはどのような保管をされていますか?きっとジャンル・アーティスト別50音順で放送局のように整理して聴きたいものをスムーズにひとつかみできるようにされているのでしょう。私は整理下手なので、達郎さんの整理法をぜひ自分のものにしたいです。ぜひご教授ください。』
という。普通のA to Zです。だけどコンピレーションの方が問題でして、コンピレーションは何年かがかりでエクセルのデータにしております。コンピレーション何が入っているかわからないのでは持っていないのと同じなので、それを何年かがかりで業者の人に頼んでやっております。ですから、ノーザンソウルのレア物とか、そういうのはエクセルで検索かけて、どこにあるのかが分かれば持ってこれますので。オリジナルアルバムだけだと不十分でございます。

『6月20日の「PAPER DOLL」「SILENT SCREAMER」は最高でした。ところで「PAPER DOLL」のようにメンバーのソロを聴きながらカッティングしている時、達郎さんはどんな気持ちで何を考えているのですか?そんなこと聞いてどうするのって自分で言ったらしょうがないですね。』
何も考えてませんよ。ただひたすら、伊藤広規と小川原拓実と3人でキープするという「人間打楽器となれ」とそういう感じです。

『達郎さんのギターカッティングはお師匠さんはいますか?実際に教えてもらったかどうかは別にして、この人のギターカッティングが良いという人はいますか?』
私のギターカッティング、ジェームズ・ブラウンが全てです。ジミー・ノレンという人がいまして、あとはキャット・フィッシュ・コリンズ、ブーツィー・コリンズの兄貴かな。この辺ですね。この辺を聴きまくって、The JB’sとかそういうのを聴きまくって、一生懸命練習しました。〜♪〜アコギだとちょっとキレが悪いんですけど、こんな感じですね。まだまだ勉強が足りません。

本日の5曲目

それでは、ライブソースに戻りたいと思いますが。今日も長めの曲が多いですが

〜さん、28歳
『初めてリクエストさせていただきます。6年前に初めて達郎さんのライブに行かせていただいてからファンになりました。またライブにいけるのを楽しみにしています。来年こそはコロナが落ち着くと良いですね。2017年のライブでの「CIRCUS TOWN」をお願いします。』
はい。かしこまりました。

2017年8月31日長野ホクト文化ホールでの「CIRCUS TOWN」

CIRCUS TOWN (LIVE) / 山下達郎 “17/08/31 長野ホクト文化ホール”

2017年8月31日長野ホクト文化ホールでの「CIRCUS TOWN」でございました。

今日はこの辺で。というわけで、来週は1500回記念でございますけれども、気は心という感じで、山岸くんのアイデアで『ありがとうで棚からひとつかみ』何が飛び出しますか、お楽しみに。

〜お便り〜

『達郎さんはSpotifyなど音楽配信も利用していると前におっしゃっていましたが、やはりドゥーワップを聴くことが多いのでしょうか?最近のヘビロテなどあればお教えください。』
私はそういうやつは全部落語です。ライブでもiPodとかああいうのも全部落語でした。落語を聴きながら寝ると精神安定になります。大体一緒なんです。昼間はラジオです、海外ラジオ。そういうアレです。

これは昔よくいただいた質問でございますが、やはり最近の方です。
『以前から気になっていたのですが、達郎さんは歌の「ハ」の発音の際、痰を切るときみたいな(失礼)「カーッ」と意識的に発音されているように思います。あれは何かこだわりやモチーフとしている歌手などがいらっしゃるのでしょうか?教えていただけると幸いです。』
昔よくこれを聞かれたんですけれども、洋楽のメロディを日本語で歌うときに一番問題なのは「アイウエオの母音が弱いこと」なんですよね。ですので、みんなそういうことを意識して歌っております。その結果、特に男性の歌手の方は非常に歌い方に特徴が出ます。例えば矢沢永吉さんの「〜♪〜南風」とか「〜♪〜 時間よ止まれ」とか、あれそうですね。あとは忌野清志郎さんとか、桑田佳祐さん、みんな特徴があります歌に。それは洋楽の、英語が乗るメロディに日本語を乗せるために、それにビートを乗せるという、そういうような努力の結果であります。私のこういうのも「あ」がほとんど、アイウエオがほとんどハヒフヘホになるというのは、そういうアレです。昔の歌謡曲の方も「〜♪〜あなたを待てば」と、あれと同じですね。そういう感じであります。昔よくそういう質問をされましたが。まだそういう。まああれですね「CIRCUS TOWN」45年前の曲ですから、45年も経ってまだラジオでこうやってライブソースをかけられるという幸せ、そういう感じであります。

本日の6曲目

今日はこの辺で。今日の最後もおうちアカペラ。

『ほぼ毎年ツアー参加させていただきますが、唯一マニアックツアーだけ行くことができませんでした。そのときアカペラ「MAKE IT EASY ON YOURSELF」をいつかおうちカラオケで歌っていただけたら幸いです。』

というわけで今日の最後は、1986年の「ON THE STREET CORNER 2」に入っております。タイトルだけ見るとバート・バカラックの曲だと間違えますが、テディ・ランダッツォのリトル・アンソニーとThe Imperialsの曲をひとりアカペラで仕立てました「MAKE IT EASY ON YOURSELF」のおうちアカペラバージョン。ライブソースもありますが、今日はおうちアカペラバージョン。くどい。

MAKE IT EASY ON YOURSELF (おうちアカペラ) / 山下達郎 “ON THE STREET CORNER 2” ’86

末尾

お送りいたして参りました山下達郎サンデーソングブック『山下達郎で棚からひとつかみ』でございました。来週はめでたく1500回でございます。1500回記念『ありがとうで棚からひとつかみ』お楽しみに。

今日は前倒しなので誕生日のメッセージをお送りできません。すみません。

代わりと言ってはなんですが、〜さん
『内科医院で働く医療従事者です。コロナワクチンを1本も無駄にしないよう準備し、毎日が緊張の連続です。職場へ向かう車の中で必ず達郎さんの「NEVER GLOW OLD」を聴きます。歌詞に何度も勇気づけられ自分に気合を入れて仕事に臨んでおります。』

同様のお便りですが、〜さん
『市役所に勤めておりますが、4月にワクチン接種の担当に移動しました。平日は夜遅くまで、土日は接種会場で働いており、毎週自宅で聴いていたサンソンもSameTimeでは聴けなくなりました。radikoのおかげでなんとか毎週聞き逃さずに済んでおります。』

みなさん本当にお疲れ様です。現場は大変だと拝察いたしますけれども、お体気をつけて業務を遂行していただければと思います。こうした医療現場に限らず、全国色々な場所でいろいろと緊張感・切迫感横溢しております。生活者として引き続きみんなで助け合って励まし合って、労りあって乗り越えて参りましょう。

山下達郎サンデーソングブック、来週もSameTime、SameChannelでみなさんごきげんよう。さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました