山下達郎のサンデーソングブック 2021年6月20日

山下達郎のサンデーソングブック

2021年6月20日 『山下達郎で棚からひとつかみ』

こんにちは!しのぶです。

今週は先週に引き続き『山下達郎で棚からひとつかみ』2週目でした
選曲が相変わらず最高でした!
個人的に大好きな「MIGHTY SMILE (魔法の微笑み)」をおうちカラオケで聴けて幸せでした。

プレイリスト

十字路 / 山下達郎 “ポケット・ミュージック ’86

MIGHTY SMILE (魔法の微笑み)(おうちカラオケ) / 山下達郎 “アルチザン” ’01

PAPER DOLL (LIVE) / 山下達郎 “19/11/12 LINE CUBE SHIBUYA”

潮騒 (LIVE) / 山下達郎 “17/07/07 神戸国際会館”

SILENT SCREAMER (LIVE) / 山下達郎 “14/09/18 名古屋センチュリーホール”

BLUE VELVET (LIVE) / 山下達郎 “02/05/05 札幌厚生年金会館”

【引用】https://www.tatsuro.co.jp/sunday/

内容

以下、2021年6月20日(日)山下達郎サンデーソングブックの放送内容です。
お便り等、所在地・個人名の公開は控えさせていただいております。
至らない箇所や誤字脱字・不備等、あるかと思われます。ご了承くださいませ。

アイキャッチ画像に関しまして、本編とは全く関係のない画像を使用しております。
Image:Photo by Joshua Olsen on Unsplash

冒頭

  • 既に関東地方は梅雨入りしていると思ってたが、6月14日に関東甲信が梅雨入りした
    →梅雨入りしたのに、なんか暑いし日が照ってるなと思い、おかしいと思っていた
    →6月14日梅雨入りした途端に、雨、雨、雨という感じ
  • 南が早すぎた印象。北はようやく梅雨入りという、変な気候
    →日本列島が縦長なので、そういうことになっているんだろう
  • いずれにしても、ジメジメした陽気の関東地方
  • 巷は本当に焦点の定まらない論争・罵倒のし合いで辟易している
    →番組では触れないことにした
    →せめてサンデーソングブックをお聞きの皆様には少しでも、明るく楽しくまったりと過ごしていただきたい
  • 先週に引き続きまして今週も『山下達郎で棚からひとつかみ』
    →山下達郎のライブソース、おうちカラオケでお楽しみをいただきたい
  • 本日もいろいろと持ってきた
    →PAアウト、初めてオンエアするものもある
  • 沢山沢山お便りをいただいた
    →ライブソースということで「おうちカラオケ・おうちアカペラ、待ってました」と、たくさんいただいた。リクエストがバラけるだけバラけており、ひとり1曲という世界
  • 「俺ってこんなに曲あったんだ」と思った

本日の1曲目

  • 季節柄、リクエストたくさんいただいた「十字路」
    →1986年のアルバム「ポケット・ミュージック」に入っているが、早いもので、もう35年経った
    →33歳の時の作品
  • 舞台は大体数寄屋橋あたりの交差点を想定
  • 自分の彼女が他の男と手を組んで歩いていくというのを雨の中で見ているというブロークンラブソング
  • この時代の作品はカラオケが無い、またライブでやったことが無い
    →今日もレコードでお聴きをいただく

〜お便り〜

『「アルチザン」リマスター版のボーナストラックの楽曲をお教え願えませんでしょうか?』
→「もう少々お待ちください。8月発売でございますので。急ぐなと。せいては事を仕損じる。あんまりあれだ、合ってないか。」

『私事で恐縮ですが、最近失恋をしました。ある女性に恋をし、告白するも叶わず。最終的にその女性は、私とその女性との共通の知り合いと結婚しました。もちろん結婚はとても喜ばしい事で、変わらずその2人とも仲良くしてもらっているのですが、人生で1番の恋をした自分にとっては、なんとも消化が難しい結末になりました。そんな時に聴いていて美しさに感動したのが「十字路」でした。』
→「(泣)お大事に。時が癒してくれる事だと思います、という安直なコメントですいません。」

大阪府吹田市の超常連、ヤベトモタケさんは、6月18日で57歳の誕生日
兵庫県加古川市のコニシヒロナオさんも超常連の方
兵庫県姫路市のアマノマナさん
荒川区のタナベシゲタダさん
他、たくさんいただきました。

十字路 / 山下達郎 “ポケット・ミュージック ’86

本日の2曲目

MIGHTY SMILE (魔法の微笑み)(おうちカラオケ) / 山下達郎 “アルチザン” ’01

  • 「MIGHTY SMILE (魔法の微笑み)」
    →間も無く30thアニバーサリーエディションが出る、91年のアルバム「アルチザン」に入っている
  • 梅雨時の歌なので昨日家でおうちカラオケでやってみた
  • ライブでやったことがなく、レコーディングをしてから一度も歌ったことがない曲
    →30年ぶりに歌ってみたが、意外とやれるものだと思った

リクエストちょうどいただきました、〜さん
『今回はおうちカラオケということですので、普段かからない「MIGHTY SMILE」をお願いします。余談ですが、この曲がライブで演奏されたことはあったのでしょうか?』
→「ありません」
『達郎さんのリクエストはお一人1曲状態ですので、達郎さんの胸に引っかからないとかからないのは承知の上です。』
→「運良くかかりました。気分です。すみません。」

本日の3曲目

  • 今日は父の日
    →しかし、たくさん生きているとあんまり父の日が関係ない
    →昔『父の日の特集』とかをやったことがある。「こんな特集あんな特集やってくれ」というお便りも、若い方からいただくが、ほとんどは90年代にやってしまっているやつばかり
  • 先週「SOLID SLIDER」の長くてしつこいやつを流したら、すごくご好評をいただいた
  • 最新ライブ、2019年にやった「PAPER DOLL」
  • キーボードの難波浩之さん・キーボードの柴田俊文さん・ギターの佐橋佳幸さん・サックスの宮里陽太さん、4人でソロをぐるぐると回す、4人バトル・バトルロワイヤル・4人タッグをやった
  • 今日は再開された渋谷公会堂、LINE CUBE SHIBUYAでやったライブ、2019年11月12日の「SOLID SLIDER」PAアウト
  • イントロと間奏のギターソロは恥ずかしながら私山下達郎の演奏
  • 「PAPER DOLL」は 1978年の曲なので、43年前の曲
    →最近古い曲が御所望が多いため、今日もそのような曲を重点的に

PAPER DOLL (LIVE) / 山下達郎 “19/11/12 LINE CUBE SHIBUYA”

本日の4曲目

  • 2008年からライブを再開し、1980年代にはなかなかやれなかった曲をたくさんやった
    →その分定番の曲をなかなかやれなかった
  • 例えば「夏への扉」は3人ライブのアコースティックライブ専用になってしまい、バンドであまりやらなくなってしまった
  • 本日は 1978年の作品「潮騒」
    人気曲だが、なかなかやる機会がなかった。2017年にやって以来しばらくやっていない。

リクエストいただきましたので今日は。
『6月は妻の誕生日ということで、妻の好きな「潮騒」リクエストします』

『おうちカラオケで「潮騒」』
→「今日はライブバージョンでどうぞ。なんか逆らっている感じがしますが、すみません。そんなことはないんです。」

潮騒 (LIVE) / 山下達郎 “17/07/07 神戸国際会館”

本日のお知らせ

  • 今日で1497回を迎える。あと3回で1500回
    →1500回は何をやろうかと思っているが、レコーディングをしているため、あまり大規模なことはできない
    →来年が30周年なので、そっちの方が良いかなとも思っている
  • 来週も『山下達郎で棚からひとつかみ』やろうかなと思っている
    →しかし、お便りでそろそろ洋楽をやってくれという二手に分かれている
  • 引き続き、リクエスト・お便り
    • ハガキ:〒102-8080 東京FM山下達郎サンデーソングブックの係
    • メール:tfm.co.jp/ssb

  • 1991年のアルバム「アルチザン」の30thアニバーサリーエディション
    →最新リマスタリングで8月18日に発売が決定
  • 楽曲解説付き、ボーナストラック付き
  • アナログレコードはいつものように180g重量盤仕様
    →「アルチザン」は元々、CDとアナログの端境期でアナログ盤が発売されなかった
    →今回初のアナログ盤で、すごく予約をいただいているという嬉しい話がある
  • 詳しくは

本日の5曲目

リクエストいただきましたのは〜さん、最近よくいただきます、お若い方ですが
『PAアウト、曲の終わりにお客さんの拍手や歓声が少しだけ入っているのを聴いて、本来はこれが当たり前だったんだなと感じるようになってしまいました』
→「意味がよくわかりませんが」
『リクエストは、2014年のマニアックツアーから「SILENT SCREAMER」でお願いします。尺が長いので難しいと思いますが』
→「こういうお便りたくさんあります。」

  • 2014年にマニアックツアーという企画で全国を周った
    →しばらくやっていない曲、何十年もやっていない曲をズラっと並べてやった
    →またやってくれという声がたくさんあるが、またチャンスがあればやりたい
  • 2014年のマニアックツアーで33年ぶりにやった
  • 80年代はよくやっていた「Ride on time」のアルバムに入っている「SILENT SCREAMER」
    →80年代当時はドラムの青山純対私のティンバルとで、バトルをやった思い出の曲
    →30数年ぶりにステージで、同じことを小笠原くんとやることになるとは思いもよらなかった
  • 以前どこかでのマニアックツアーでの「SILENT SCREAMER」を流した時には、途中のティンバルとドラムの掛け合いをカットしていたが、今日はフルでお聴きをいただく
  • オリジナルレコーディングのメンバーがまだ3人(山下達郎・難波浩之・伊藤広規)いるので、オリジナルに近い音がしている
    →しかし、使っている楽器が問題

SILENT SCREAMER (LIVE) / 山下達郎 “14/09/18 名古屋センチュリーホール”

〜お便り〜

『私は時折クラシックや吹奏楽を聴くのですが、テンションが上がって気分がノッテくると、手近にある棒状のもの、センスなどを振り回し、指揮者気分に浸っております。私自身は指揮なんてしたこともありませんが、達郎さんはレコードを聴いていてテンションが上がることはありますか?また、その時についやってしまうことはありますか?』
→¥25歳の方でございますが。まだ力が有り余ってるという感じでございますが。昔よくありましたね。私が中学・高校の時は ”名曲喫茶” というものがありまして、クラシックをかける喫茶店で、今はほとんど絶滅してしまいましたが、渋谷の「ライオン」なんてのはまだ残っておりますが。池袋は「白鳥」だった記憶がありますが、まあそこでコーヒーを飲みながらクラシックを聴いておりますと、前の席の人が1人で指揮をしているという、そういう人がよくおりましたけれども。私はテンション上がっても指揮はしませんが、立ち上がったりすることはあります。みんなあるでしょそりゃ、ロックンロールですからね。」

『最初の「メリーゴーラウンド」のイントロのシャラシャラシャラという音はなんの音かと。風鈴の音と思っていましたが、タツ友さんが「SA好きの達郎さんだから、赤ちゃんのガラガラじゃないか」と言います。確かにそれもあるかなと思いました。』
→「正解です。赤ちゃんのガラガラです。」

『娘からもらった卓上燻製機で初燻製しました。何が燻製に合うのかわからないので、とりあえず合いそうなものを見繕って、燻製ってやりました。期待通りとりあえず美味しかったのは、塩鯖・子持ちししゃも・茹でダコ等の動物性タンパクで、トマトなど水分の多い奴はイマイチでした。スモークチップはなんと100均で売っていていつでも入手できるので、今後定期的にいろんな食材を片っ端から燻製ってやろうかと目論んでいます。達郎さんが燻製するとしたら、何を燻製しますか?それは合わへんで、ってやつでお願いします(笑)』
→「暇としか思えないお便りですがね。私はうなぎ一択でしょ、あなた。昔はうなぎハムというものがありまして、本当に通販で美味しくいただいておりましたが、最近はうなぎが取れないので、うなぎハムどこも作らなくなってしまいました。残念です。」

本日の6曲目

今日の最後は、〜さん
『ずっと読まれないので、ハガキが届いているのだろうかとふと思うことがあります。もちろんシャレです、シャレ。郵便屋さんには感謝のみです。』

BLUE VELVET (LIVE) / 山下達郎 “02/05/05 札幌厚生年金会館”

末尾

  • 本日も曲が長いものが多いため、時間がパツンパツンになってしまったため、誕生日代読メッセージは割愛する

「相変わらず各方面、わさわさわさわさしております。そんな中、各方面で努力をしてらっしゃる、特に医療関係の皆さま、それからサービス業の皆さま、飲食店の方々も大変ですし、そうした緊張感を強いられるあらゆる業種・業界の皆さん、誠にお疲れ様でございます。引き続き、助け合って、励まし合って、労り合って、仲間同士でこの危機乗り越えていきましょう。先導や挑発に流されず、自分の目と耳で冷静に状況を理解して把握して分析する努力、続けて参りましょう。みんなで頑張って参りましょう。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました